×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP>愛する人とうまくいく>ケンカしない方法


ケンカしない方法

もしくは、サブタイトル「カレに反省させる方法」です(笑)

カレに傷つくようなことを言われたり、されたりしたとき、
思わず「最悪!なんでそんなことするの!?」というふうに、つい相手を責めるような言い方をしてしまうことがあります。

しかし、そう言われたら相手も黙ってるはずもなく、
ましてや反省なんかしてくれるわけもなく、
いつのまにかケンカに発展してしまうケースも多いです。

私たちは、攻撃されたり責められたり、何か自分の自尊心をおびやかされるような場面にあうと、「傷つきたくない」という気持ちが働いて、その自己防衛が相手への攻撃として現れます。

ケンカとは、まさにこのプロセスの繰り返しです。

カレの言動(攻撃)←自己防衛←傷つくあなたの言動(攻撃)       
                           
傷つく                        自己防衛
                           
自己防衛                      傷つく
                           
あなたの言動(攻撃)傷つく→自己防衛→カレの言動(攻撃)

があなたの心理状態
がカレの心理状態


相手に反省させようとおもって言った言葉が、カレにとっては「攻撃」「批判」になってしまい、
カレの自己防衛が働き、攻撃をし返すので、
結局のところカレが自己を省みる暇を与えなくするのです。

攻撃は、相手に反省する余裕を与えません。
カレに反省してほしい、カレに悪かったと言ってほしいなら、
まず攻撃しないことです。

どんなにカレに非があって、どんなにあなたが被害者的な立場であっても(たとえば浮気された、など)カレを責めたり、非難したり攻撃しないほうがいいでしょう。

恋愛も含めた人間関係において、相手とケンカしないコツがあります。
自己防衛をするのではなく、逆に、自己をさらけだしましょう。

「あなたは~~だ!」
というように、相手を責めたり、攻撃したりするのではなく、
「私は~と感じた」
という言い方しかしないことです。
徹底して、自分の感情だけを語るのです。

たとえば、カレが浮気をしたのを知って、カッときたとします。
すぐさま、カレに何か言ってやりたくなります。
イヤミな言い方がいいか、それともガツンと言ったほうがいいか…というふうに。

もちろん、あなたが浮気を絶対に許せないタイプなら、そのまま別れるという選択もあります。

別れたくない、でももう浮気されたくない。
そう思ってるあなたが、
カレに証拠をつきつけて、「浮気したでしょ!最低!」と、
カレを延々に責め続けると、
最初は後ろめたい気持ちから神妙にしてたカレが、
だんだんと、「そんなにうるさくいうなら、浮気した女のほうがいいな」
という気持ちになってきます。
自分が批判されてることに苛立って、なかなか反省する気持ちにはなりません。


■カレに反省する機会を与えるためには


大事なのは、相手を責めないこと。
そして、自分の素直な気持ちに気づくこと。

浮気をされた→ムカツク
と、頭の中ではなりますが。

本当は
浮気された→傷ついた
と心では感じてるはずです。
それが素直なあなたの気持ちだと思います。


「私はあなたの言動でとても傷つきました」
と、態度や言葉で表明してしまいましょう。
そうすれば、ひどいケンカに発展することはまずありません。


つまり、あなたは、
泣きながら「すごくショック…傷ついた」
といって、その場を去りましょう。

長居は無用です。
居ればいるほど、相手を責めたくなってしまうからです。
余計な一言を言ってしまえば、それでアウトです。

残されたカレは、彼女を傷つけてしまったことに深く反省するでしょう。
大切なあなたを失いたくないカレは、あなたに謝るでしょう。

カレが反省してるようなら、許してあげましょう。

ただ、そのあと、関係がギクシャクしてしまったらイヤですよね。

もっと関係がスムーズになるコツがあります。

あなたが許した時というのは、あなたとカレの関係は対等ではありません。
カレは罪悪感がある分、あなたに対して卑屈になります。
つまり、あなたに優位の立場です。
そのままだと、カレの心に負担になります。

心地のいいスムーズな関係になるには、
「相手に何かをさせること」

「私、新しいバック欲しいんだよね」
「ディズニーランド行きたい」

なんていって、何か彼におねだりしてしまいましょう。

甘いと思われるかもしれませんが、
心地のいい関係のためには、大事なことです。


カレは許してもらった、という卑屈な立場から、
好きなことをやってあげた、という立場に昇格でき、バランスがとれます。

恋愛が長続きするためには、バランスがとても大切です。


実は、これ、恋愛だけでなく、どんな人間関係にもかなり有効な方法です。
この方法を知ってると、余計なトラブルが起こりません。
ぜひ、試してみてください。


TOP  [前のページ「彼のプリンセスになる」へ] [次のページ「自己主張が大切」へ]
Copyright © 2005 幸せな愛され女になる方法 all rights reserved. Designed by TG
恋愛法則 片思い 恋愛講座 彼氏 恋人 モテる 占い 幸せ スキンケア 恋愛必勝 相談 悩み マーフィー 成功法則 美容 健康 女性 ビューティ コスメ ファッション ダイエット 減量 美しく